2008/05/08

完全体。

ちょっと古いニュースの話題ですが。
ピクシーパウダー・ピクシーダスト(妖精の粉)というものをご存知ですか?
なんと!どんな傷でも治すという魔法のような粉の話です。
それだけでなく、指を事故で切断した人が実際にこの粉で傷が治ったばかりでなく元通りに指が生えたとか。
そうです、単に切断面の傷がきれいに癒えたというニュースではありません。
驚くべきことに、皮膚や細胞のみならず骨や爪はもとより神経や指紋までもが切断前と寸分違わず再生したというのです。
粉をつけはじめて2日後には再生がはじまり、4週間後には完全に元通りになったと被験者本人は語っています。
最初この話を聞いた時は、サイババの粉かと思いました(笑。
あるいは、この人がトカゲやタコのような特殊な再生体質だったんじゃないかと、知り合いの医療関係者と半ば苦笑しながら語ったのですが。

この粉はアメリカのピッツバーグ大学の研究チームが細胞外マトリックスと呼んで臨床実験中のものらしいのですが、真意の程はどうなのでしょう…。

以下のURLは、英国BBCニュースの該当記事へのリンクです。
指が再生した本人の動画も見ることが出来るのですが、信じがたいことではありますね。

BBCニュース(記事全体)
http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/7379745.stm

再生動画部分のみ
http://news.bbc.co.uk/2/hi/health/7354298.stm

これがもし実用化される段階になったなら、たとえばガンにおかされた臓器を切除して再生させるとか。。
心臓なども、この粉と万能細胞を併用して完全再生することも出来ます。
あるいは、事故によって失った四肢も取り戻せるということも容易になるのです。
更には病気のみならず、高齢者に対しても機能低下した臓器や身体の各部分を再生することによって身体全体を順々に若返らせて永久に行き続ける道にも繋がる可能性をも秘めているのです。

…ニュースソースが、あのBBCというのが今いち微妙なところではあります(笑。
posted by F u m i at 05:35 | Comment(7) | essay | -

2008/05/05

5000

GWで忙しさに(総合サービス業)飛び回っているあいだに5000アクセスを超えていました(笑。
気がつけば、半月あまりも放置状態・・・反省反省。
といっても、毎日仕事と部屋の往復でネタと時間がないのが最大の原因ではありました。
GW、いかがお過ごしでしょうか?
楽しんでらっしゃいますか?
私は大学を出てからずっとこの仕事なので、世間の休日が多忙という関係でお正月やGWや夏休みという体験がなく今ひとつ想像しきれずにいます。
こういう仕事をしてると、曜日の感覚はあまりないんですよね。
土日は当然仕事だったりするし(むしろウィークデーより多忙)
スケジュールは日にちで覚えているので、よく友人知人とは話が噛み合わない時があります。

私「じゃ、明日お昼前に行くね」
友「え?明日は月曜でしょ。その時間仕事だよ」
私「あそうか、私は休みだから気づかなかった」

私(電話)「プルルルルル」
友「ん、ふゎぁい…もしもし;」
私「今、休憩中なんだけど、ちょっと電話いい?」
友「んは;日曜だからまだ寝てたー」
私「わわ!そうだった日曜だ!ごめんごめん;」

こんなやりとりばかり(苦笑。

+++++

5000アクセスを期に、以前から思索していた通り掲示板を外すことにしました。
皆さんの投稿画像やフリートークを楽しみにしていたんですが、仕事の関係で手がまわらない事が予想され。。
一時休止という形で、再開は決めていません。
今後は、記事に対するコメント以外のやりとりは、サブコンテンツにある「フリートーク」でお話しいたしましょう。
画像を投稿いただけないのは残念ですが、お許し下さい。
URLは貼れますので、見せたい画像があれば皆さんのスペースにアップした画像アドレスに誘導下さいね。

そんなこんなで、益々ゆるゆる運営となりますが今後もよろしくお願いします。
posted by F u m i at 07:13 | Comment(2) | essay | -

2008/04/21

茶会(チャット)案内。

以下、茶会を開催予定。
おバカ話で、ごゆるりと(笑。
ご都合の付く日時でお時間ある人は、お越し下さいませ〜。

04/21 12:00
04/26 20:00
04/29 19:00

なお、基本的には毎日午後8時〜でしたら呼び出していただければチャット可能は高確率です。
何しろ、夜は外出あまりしない人なので(笑。
…なんて宣言しちゃうと、案外出る機会が増えたりするんですよね。。
ま、気が向いたら呼び出してみて下さいませ。
チャットに入室していただくと、お知らせ機能で届きますので♪
posted by F u m i at 02:13 | Comment(0) | essay | -

2008/04/15

コンデジ。

寝ようとしたものの、ランナーズハイ状態で眠れずウロウロ。
意味もなく徒然に記事を書こうという無責任なブログ運営展開。

出張を終えて、その間なんだかんだと(書けないけど)ありまして。
自分自身の気力体力もそうだけど、物理的にも今まで以上に記事の更新はまばらになるかもしれない気配です。
いっそのこと閉めるか、なんて勢いで考えたもののそれは忍びない。。

そこで

これをいい機会に、前から考えていた運営にと。
今より写真アップ率を高くして、それについての徒然語りブログの方向に少しスタンス移行できたらな…という希望はあったのです。
いえ、写真が安易などととんでもないことを考えている訳ではありません。
ただ、素人が撮ったスナップ語りというスタンスを考えている訳で。

…文章記事さえまともに更新できてないのに、写真撮る暇があるのかというツッコミが確実にあろうことは予想していますが(笑。

本格的な機材でなんていうのは私には無理だし、かえって自分へのプレッシャーになるのでコンパクトデジカメでいきたいと思います。
これなら普段から持ち歩いていて、撮りたい時に撮れるし。
ただ、今持ってるのがいまひとつ…。

誰か、いいコンパクトデジカメ教えて下さいません?
どうせならやはり、現在販売のコンデジの中で画質がいちばんいいものがほしいかも(をぃ;
posted by F u m i at 03:20 | Comment(14) | essay | -

仕事三昧。

出張から無事戻りました。
そして・・・
お土産はいっさいなし(苦笑;

写真も撮れれば、と思ってはいたものの。
カメラ出す時間さえなく東へ西へ奔走!!
残念。。

とりあえず疲れ果てたので、倒れこむことにします。
ぐた〜〜〜〜〜
posted by F u m i at 00:21 | Comment(2) | essay | -

2008/04/07

出発。

さて、帰ってきたのも束の間。
またまた出張へ(疲。
新年度ですからね、あちらこちらに講師として出るわけです。
…一応、指導的立場(笑。
前回、せっかくの他県出張なのにデジカメ持って出るの忘れましたので。
今回は、ぜひ写真も撮ってきたいと思っています。
…そんな時間があるかどうかは不明ですけれど;

近くの河川沿いの桜も、見事に咲き誇りきれいな好天気だった昨日。
出張先でも、まだ桜が咲いていれば嬉しい。

来週と再来週も講師出張の打診を本社からいただきましたが…。
断りました(苦笑。
身体が持ちません;
だいたい、こんなに近日に迫って依頼を受けても担当クライアントとのアポイントで埋まってますってば;
最近、こういうのが多くてがっかり。
本社、人員足りなくて業務がちゃんとまわってない気がする今日この頃です。
本社よ、いくら人員削減でPC管理化を進めても機能しなかったら意味無しです。。
3ヶ月先…月によっては6ヶ月先まで予定が詰まっているのに「来週、講師出張をお願いしたいのですけれど」ってあり得ませんよ〜;


愚痴ってしまいました。

さて、またまた行って参ります!
その前に、早く寝なければ。。

…今回の出張も急遽で、あわてて荷造りしてました(笑。
posted by F u m i at 00:56 | Comment(3) | essay | -

2008/04/04

始動。

出張から帰ってきました。
(現在、午後11時18分・記事アップは夜中/笑)

今回の出張も、ただただバタバタと忙しく観光する暇もありませんでした;
(仕事なんだから当たり前)
こうして生活圏から出た時は、写真を撮ってアップしたいと思ってはいるものの、実際そんな余裕はなくガクリとするのです。
今回は、雨にたたられた出張となりました。
初日、いきなり雨。
2日目、さらに風。
3日目、雨風ともに強まり寒っ。
…風邪をひかなかったのが奇跡です。
とにかく寒かった…。
もう4月ですよ?
用意していったのは春物の服ですよ?
なのに気温5度って何?

ぶるぶるぶるぶる

初日、あまりに寒くて疲れ果て。
仲間と食事に出たのはいいものの、よさげなお店を探すのもダルくて適当に入った中華料理店が結構ヒット。
オーダーした中で、最初に出てきた「ホタテのウマウマ炒め」(名前は定かではありません;)なんか、顔を見合わせたぐらい美味しかったー。

ホタテの炒め物

写真撮ったのはこれ1枚で、2品目からはお腹すいてたのでパクパク手をつけ…すっかり忘れてました。

帰路、かなり田舎を通った際に休憩した場所にあったナントカ水。
(名前完全に見てませんでした;)
車を乗り付けては、水を汲む人々…。
気になったので尋ねてみると、100m近い深さから湧き出しているそうで、地元の人々はよく汲みに来るとか。

天然水井戸

「ご飯も美味しく炊けるし、これで水割りなんかしても最高ですよ」
にこやかに答えてくれた方の笑顔に癒されました。
旅人にとって、地元民のやさしくあたたかな対応はそこのどんな名物よりも嬉しいものです。
「ぜひ、またどうぞ汲みにいらっしゃい」

実現するかどうかはわからないけれど、次に来る機会があったなら是非ポリタンク持参で参りますね(笑。
posted by F u m i at 01:14 | Comment(5) | essay | -

2008/03/29

リニュ。

ブログ(PC閲覧時)自体も、かなり微妙にリニューアルはしてますが。。
それより、PCそのものが強制リニューアルされそうで恐る恐る使用中です…。
ゆうべ、いつものように(笑)うたた寝をした後に目覚めまして。
いつものように点けっ放しのPCをカチャカチャ触りまして。
いつものようにお気に入りサイト巡りの旅に出て。。

…なんてことなく、ほんわかしてたのですが。
突然、画面落ちる!



ぇえーーーーっ;



現れたのは、真っ青画面に英語でなんたらかんたら!



ブルースクリーンっ!



ぎゃーーーー!
なんでーーっ!
うそーーーっ!
(阿鼻叫喚)


ちなみにブルースクリーンとは(以下IT用語辞典より抜粋)
Windowsでシステムに重大なエラーが生じた場合に表示される、青い画面に白い文字でエラーメッセージが表示される画面。
システム全体がダウンしてしまうような致命的なエラーを告げる場合に表示されることが多い。



キタ!崩壊序曲!



XP機にしてから、初めてブルースクリーン見ました…;
何の前触れも無く、ヤツはやってくるのです。。
以前98使ってた時は、すごく日常的に見ることが多かったのですが。
(それもどうだろう)
XP機で見るのは、やはり衝撃的!
あわてふためく間に強制終了&再起動ー!
(タッチ&ゴーみたいなものですね/違)
何とか起ち上がったので、自分なりにあちらこちら見るけれど原因不明。
トロイ系のウィルス感染でも同様の症状が出るらしいが、丹念にチェックをしても感染なし。
怪しげなソフトやアプリケーションをダウンロードしたおぼえもないし。。
ただ普通に、ごく安全なお友達サイトを見てただけなのに…。

とにかく重い;
ファイルひとつ開くのに数十秒…明らかに異常です。
どこをどうしても重さ変わらず、これ以上はスキルがないのでとりあえずシステムの復元をかますことにしました。
(安易;)
システムの復元に、5分かかるってどうよこれ…。

ということで、なんだかんだでこんな時間になりました(凹;
今後、いつ突然オサラバになるかわからないというスリルとサスペンス感を味わいながらのネットとなりそうです。

刺激的♪

とりあえず寝ます。
次回、無事に起動したら会いましょう。
アディオス!

+++++

追記

現在、29日午後10時45分
全く何の不具合も無く、PC使えてます。。
HDD容量かなり食っていたので、その原因もあるかもという記事を見てPC内の整理をしました。
むしろ、大幅にHDD軽くしたからサクサク快適。

どうかこのまま(汗。
posted by F u m i at 03:43 | Comment(6) | essay | -

2008/03/20

ブログ考察。

時事ネタを書くと、アクセスアップするものですね。
毎日1ケタだったのが2ケタに(しょぼいけど;
チベット・ダライラマ・平城遷都1300年・マスコット、などで検索して来られた方がその大半を占めていたようです。
……が、見事1ケタに戻りました(笑。
(今日の2ケタは、管理人による更新作業アクセス/爆)

ブログに移行してから、まだ何となく雰囲気がつかめていません。
サイトとは明らかに違うのだけれど、何がって考えると明確に言えない感じです。
あえて理屈を付けるならば、サイトははじめから交流の意図を持って運営している自覚もあったような。。
コンテンツも、それなりに交流の糸口としてゲストがBBSの話題に出来そうなものを提供するべく色々なものを設置していたつもりだった気がします。
ブログは、それよりもマイルドな感じでしょうか。
あるいはファジーな路線?(古っ/しかも意味不明/何となく響きで使用。

「カギ付じゃない日記」とでもいう感覚に近いかもしれません。

ゆるゆると、指がキーボードの上で動く時に書き記す。
編集欄を開いてみて、指がストップしたままなら書かない。
そんなスタンスで今日まで来ましたが。。
ある人から「ブログは毎日記事をアップするのが基本。それこそブログというものの存在意義でしょう」と聞き愕然;
そ…そういうものなの?
すごく気ままに考えてたんですけれど私。

ブログとは、で調べてみました。
「日々更新される日記的なWebサイトの総称」
(日々書いてないし…)
「従来の単なる日記サイト(著者の行動記録や身辺雑記)とは区別される」
(思いっきり身辺雑記だし…)
「他のサイトの記事との連携機能(トラックバック)で議論や情報交換する形式」
(そもそもトラックバック弾いてます…)

私、間違ってる?

こんなのもありました。
「作者がデザインなどをいちいち考えなくても、上から順番に新しい記事が表示されていくホームページ」
(そうそう!)
「新しい記事が自動的にいちばん上にアップされるので、閲覧側にとってもメリットである」
(そうそう!)
「カテゴリー別表示に並び替えたり、過去記事検索が容易なのでアクティブなサイトとして考えられる」
(そうそう!)

従来のサイトでは、いちいち各コンテンツを開いてまわらなければ最新記事があるかどうか確認できなかったのが、ブログではトップを開くだけで一目瞭然であるというのが私自身気に入っているところです。
ただ、クッションページもなくあからさまに記事がトップに出ているので、サイトの「雰囲気」作りという点では従来のサイト形式に劣るかもしれません。
本来、情報交換目的というか実務的な構成なのだからこれは仕方ありませんね。

ほんの少し、以前のように普通のサイトをまたやろうかな…と思ったりもしてたのですが。
ブログでの記事や写真のアップ作業の手軽さを味わってしまうと、二の足を踏んでしまいます。
本当に簡単。

ブログの実務的な装飾の味気なさと手軽さ。
サイトの装飾の楽しさと面倒くささ。
ブログ移転半年…いまだに揺れております(笑。

+++++

ゲストからお尋ねがあったお答えをひとつ。
コメントは、いくら過去の記事でも歓迎です。
それから、1つの記事にコメント複数も歓迎です。
1回コメント付けたらもうダメというのではありません。
その記事の話題で話し込むのは掲示板的で嬉しく思います。
いや、ブログって自由話題の掲示板的役割は果たせないので、むしろコメント欄で話が続くのは望むところなのです。
このブログ自体、スレッド式の掲示板とお考えくださいませ。
posted by F u m i at 03:08 | Comment(4) | essay | -

2008/03/17

ダライ・ラマ14世。

さて、タイトルだけ書いたものの、どんな記事になるのか果たして自分でも不明な一行目打ち込み中です(笑。
ちょっと堅苦しい記事になるのかな。。?
何といっても、タイトルがタイトルだけにギャグには出来ない模様。

チベット問題は、なかなかメジャーなところで語られることは無いですが、それだけ難しい問題ですね。
私の知る限りでは…(すごく浅いけど/苦笑)
チベットという独立民族圏を必要以上に侵害し、また多くの人権侵害も行っているにもかかわらず平気な顔をしている中国の厚顔さというものって・・・という感想なのですが。
誰も表立っては議論しない話題。
(危険?この話題やめた方がいいですか?汗)
個人的に中国の人に知り合いもいるし、とてもいい人だし。
だけど、この国は「国家」という単位になるとなぜこうも傲慢なのでしょう。
…いえ、個人という単位より大きな単位になった時、おしなべてそういう感覚が頭をもたげるようですね。
餃子問題しかり。
国家が、堂々と「わが国では混入していない」なんていえる神経。。
製造会社が、真顔で「我が社が本当の被害者だ」などと会見する感性。。

最近、4千年の歴史も色あせたものに感じています。
それだけ長い歴史を重ねたわりには、大切なものは積み重ねてこなかったのだろうかと疑問。

…私のブログには似合わないから、もうやめよう(愚。

突然ですが、ダライ・ラマ14世にはお会いしたことがあります。
日本招聘委員会の関連で、来日された際に少しだけ携わったのです。
とても気さくな人で、というより無邪気(怒られそう;
子供のような一面と、長年の苦悩の中で身に付けた外面とが違和感なく折り合った人物という様子でした。
決して大声ではないのに、部屋中に響く言葉の波。
笑った目の奥にある、少し凄みのある見通すような瞳孔。

…食べ物は、海鮮物はアウトです(いきなり低レベル情報/笑。
海のそばに生まれ育ってないので、かなり苦手らしいです。
日本の麺類は大好き…でもダシは肉からとらないとダメ。
昆布もカツオもダメみたいです。
そして…かなり大食漢でもあります。
(いいのかな、こんなこと書いて;)

ええと…
エピソードまた思い出したら、続きをひっそりここに付け足しておきます(笑。
posted by F u m i at 23:24 | Comment(13) | essay | -